2018年10月18日木曜日

2018.09 終わったアニメドラマ感想&アニメ感想

三ヶ月に一度のアニメ視聴記録。
評価、感想はとっても個人的なものです(◎◯△×の4段階評価)。ご了承のほど。

ほんと、余裕がなくて、今期も少なめ&まだ見てない(笑)。でも、記録は付けておかなくちゃということで書いときます。

まずは一覧。感想は後ほど。

■終わったアニメ・ドラマ
◯STEINS;GATE 0 -シュタインズ・ゲート ゼロ-
◯信長の忍び〜姉川・石山篇〜 (第3期)
◯PERSONA5 the Animation

■継続中
◯名探偵コナン

■録画してあるけどまだ見てない
・BANANA FISH(バナナフィッシュ)

■見なくなったもの
・はたらく細胞
・京都寺町三条のホームズ
・アンゴルモア〜元寇合戦記〜
・ぐらんぶる

==
(感想コーナー)
はい、ここから感想をちょっとだけ書くコーナー。私個人の感想だからね。レビューとかじゃないよ。


■終わったアニメドラマ感想
◯STEINS;GATE 0 -シュタインズ・ゲート ゼロ-
なんだかんだと結構ハマってました。ゲーム原作。ゲームをこれからやろうとは思わないけれど、ゲームをプレイしながら、次はどうなるんだろう、どう攻略したらハッピーエンドになるんだろう、という感覚を疑似体験してる感がいいのかも。捩れ捩れて、ねじれねじれて、もう、整合性とかわからなくなっちゃってるけど(笑)、すべての仲間たちが幸せに暮らすことができる「時間軸」にするために頑張っている岡リンが愛おしくてねぇ。続き、あるよね?ずっと終わらない気もするけど。

◯信長の忍び〜姉川・石山篇〜 (第3期)
歴史のお勉強込で面白い。続くよね。また見るよ。

◯PERSONA5 the Animation
続きは年末特番で、ってことのようです。これまたゲーム原作。ペルソナ5はプレイしてないけれど、過去のなん作品かはプレイしているので、これまたゲームをプレイしている感覚を疑似体験しながら見てます。あぁ、このボス戦は大変そうだなぁとかね。登場人物たちのキャラ設定も、結構いいバランスだと思うし、面白く見てました。ゲーム知らない人が見たら、意味不明の部分が多いのかもね。


■継続中
◯名探偵コナン

■録画してあるけどまだ見てない
・BANANA FISH(バナナフィッシュ)
原作は…途中まで読んでる…かな?…ぐらいの熱量です(大ファンとかじゃない)。なので、最初からちゃんと見ないとわからなくなるよなぁってことで、余裕ができたら見ようと録り貯めしてあるので、そのうち見ます。

■見なくなったもの
・はたらく細胞
人体の中で起こっている病気や症状などを、赤血球主人公で体験するというもの。マンガ原作。以前から興味があって、アニメでやってくれるならちょうどいいやーと思って最初のいくつかを見たんですが…うーん、大げさに脚色しすぎている感じがして、ちょっと冷めました。うるさい。原作で読んだほうがいいのかも、ってことでアニメは途中下車。

・京都寺町三条のホームズ
・アンゴルモア〜元寇合戦記〜
・ぐらんぶる




==
次期の新番組、とりあえず一応録画して見るもの一覧。全然見ない気がするので、最初からめっちゃ絞った。

(ドラマ)
風が強く吹いている
走り続けてよかったって。
ツルネ-風舞高校弓道部-
(ドラマ)
刑事モース〜オックスフォード事件簿〜
昭和元禄落語心中

「風が強く吹いている」は主題歌がUNISON SQUARE GARDENということだけじゃなく、以前から気になっていた小説だから。でもまだ読んでなかったので、焦って原作を読み、実写版映画を見ました。アニメも楽しみ。
昭和元禄落語心中は、原作は読んでいないのだけど、アニメで見てました。石田彰さんの八雲の演技がね、もう、すごかったよ。実写は不安だなぁと思ったけど、第1話を見終わったら、だんだん慣れてきました。これ、原作も読んだほうがいいのかも。
刑事モースは新シリーズ。これ、謎解きが難しいんだよ。でも、古き良きイギリス刑事物。雰囲気が好きです。

2018年8月9日木曜日

2018.06 終わったアニメドラマ感想&アニメ感想

三ヶ月に一度のアニメ視聴記録。
評価、感想はとっても個人的なものです(◎◯△×の4段階評価)。ご了承のほど。

アニメ、あんまり見る時間が取れてませんー。でも、簡単に記録を書いておかないともったいないのでサラッと。

まずは一覧。感想は後ほど。

■終わったアニメ
◎銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅
◎フルメタル・パニック!IV Invisible Victory
◯ピアノの森
◯多田くんは恋をしない

■継続中
◯PERSONA5 the Animation
◯信長の忍び〜姉川・石山篇〜 (第3期)
◯STEINS;GATE 0 -シュタインズ・ゲート ゼロ-
◯名探偵コナン


■見なくなったもの
△ゴールデンカムイ
△ヲタクに恋は難しい
×重神機パンドーラ
×されど罪人は竜と踊る
×LOST SONG

==
(感想コーナー)
はい、ここから感想をちょっとだけ書くコーナー。私個人の感想だからね。レビューとかじゃないよ。


■終わったアニメ感想

◎銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅
銀英伝の全貌を知らないので、外伝とかなのかなーと思って見始めたら、これはリメイクってことなんですね。ラインハルトが宮野くんで、ヤンが鈴村くんとか!美味しすぎる!(笑)以前のアニメはレンタルで全部見たんですが(たぶん)、結構難しかったのでストーリーはあんまり覚えてないんですよね。なので、リメイクは嬉しい。ずっとアニメで放送してくれれば〜と思ったら、続きは劇場版で、という展開みたい。ふむ、そうか。むしろ原作に行くべきか…。

◎フルメタル・パニック!IV Invisible Victory
久々のフルメタル・パニック!宗介が!かなめが!テッサが!
学園モノの続きだったのは最初だけで、その後はかなりシビアな展開に。相変わらず宗介はカッコいいけど、もう、ハラハラでしたね…。人も死にましたしね…。辛い物語ですね…。そうか、これも原作を読むって手もあるのか。ちなみに、私の中の関智一さんキャラ1位は宗介です。ダントツ。

◯ピアノの森
森に捨てられたピアノを引いていた貧しい少年が、才能を見出されてピアニストの道を歩み始める、という物語。以前にアニメ映画になってるんですね。NHKアニメ。いい物語でした。第二期が予定されているようなので、また見よう。

◯多田くんは恋をしない
ラブコメ。結構面白かった。そうそう、チャラ男くんを宮野くんが当ててて、これがハマってた(笑)。桜蘭の環路線!(笑)

■継続中
◯PERSONA5 the Animation
ペルソナ5はプレイしてないけど、ゲームを思い浮かべて楽しんでます。お調子者の親友くんの宮野演技がいい感じ。ラインハルトと同じ人とは思えない。

◯信長の忍び〜姉川・石山篇〜 (第3期)
歴史の復習しながら楽しんでます。こんなオチャラケなのに、しっかり史実のツボを抑えてるところがいいですよね。

◯STEINS;GATE 0 -シュタインズ・ゲート ゼロ-
結構好きです、この物語。ゲーム原作っぽく、行ったり来たり、ずっとうまくいかない道のりでちょっとつらいですけどね。っと、これも宮野くんか。多いな。

◯名探偵コナン
はい、楽しんでみてます。最近は安室フィーバーがすごいですね。ここまで人気が出るとは!


■見なくなったもの
△ゴールデンカムイ
面白いのかもしれないけど、いかんせんグロいシーンが多すぎるー。漫画も途中でギブアップしたんですが、アニメの方も途中でギブアップです。すんません。

△ヲタクに恋は難しい
漫画を最初に読んだときには、面白い!と思ったんですけど、冷静に見てみると、主人公たち、全然「ヲタク」っぽくないじゃないですか。美男美女のヲタクカップルなんて…。それも会社で結構オープンヲタしてる感じに見えちゃうし。…って、たぶん、トクサツガガガを読んでしまった影響ですかね。ガガガのほうがリアリティがあって面白いからなぁ。ということで途中でギブアップ。

×重神機パンドーラ
×されど罪人は竜と踊る
×LOST SONG



==
次期の新アニメ、とりあえず一応録画して見るもの一覧。全然見ない気がするので、最初からめっちゃ絞った。それでも見なくなる気がするんで、次回のまとめはないかも…。

BANANA FISH(バナナフィッシュ)
はたらく細胞
京都寺町三条のホームズ
アンゴルモア〜元寇合戦記〜
ぐらんぶる

2018年8月5日日曜日

ポポロクロイス物語I/ナルシアの涙と妖精の笛 その4

●ポポロクロイス物語〜ナルシアの涙と妖精の笛(スマホアプリ)

なかなか良くできているシステムで、飽きずにやってます。これを優先してるので、ピグも、ポケ森も、ツムツムも、旅かえるも、たまに開く程度。そっちのゲームでお世話になってるみなさん、ご無沙汰しちゃってすみません…。

本当によくできたシステムで、戦闘システムも良く出来てるし、キャラを成長させていく方法も良くできているし、ストーリーも良く出来てる。今までのポポロクロイス物語のメインキャラだけではなく、周りのキャラからの視点でも語られるので面白い。メインのストーリーも結構頻繁に更新されていくし、キャラ全てにストーリーがつけられているので、キャラを獲得して成長させてストーリーを見る…、という作業もあるからやることがたくさん(そろそろすべてのキャラのストーリーを見終わるので、その後が少しダレるかも?)

そして、最近ハマっているのが「船団戦」というもの。ネトゲ嫌いな私なのに、なぜかハマっちゃってるんですよね。1日に2回、30分間、20人の「船団」と呼ばれるチームで、別のチームと対戦する、というもの。バトルに使うキャラを選んだり、成長させたり、バトルに有利なアクセサリを作ったり、限られた資源の中で効率よく30分間を戦い抜く戦術を考えたり…、これが終わりのないパズルみたいで面白い。このシステム、ポポロだけではなく、他の似たようなゲームとそっくりらしい。すでに充実したシステムなんですね。工夫することの面白さは終わりがない。

このゲームを始めたときには、全然わからなかったので、システム側からおすすめされた船団の入っていたのだけど、なんだかあんまりおもしろくなかったんですよね。最初の船団戦のイベントのときには、何が起こってるのか全然わからないままだったし。それが、少し前に勧誘されて入った船団がちょびっと強いところで、みんなが話し合ってノウハウを共有したりして、気付かされることがたくさんあって、俄然面白くなってきちゃったんですよね。

そんなわけで、船団戦で貢献できるようにと、日夜、キャラを強くしたりキャラを選んだりアクセサリを作ったりと、楽しく頭を悩ませることになってます。これが楽しい。ストーリーももちろん面白いけど、船団戦に出ることこそが、このゲームを飽きさせない楽しみ方なのかもしれない!

とりあえず、課金無しで行けるところまで楽しもうと思ってます。


●ポポロクロイス物語(1)(PSP)

終わりました〜!

アプリゲームの方にハマっている関係で、あんまりやってなかったんですが、やっと終わらせました!

意外と短い物語だったんですね。ストーリーもちゃんと思い出せたし、結構楽しめました。

前回からのストーリー的なお話は、闇の番人の館から、闇の世界に行ったピエトロ一行。闇の世界の1つの星に、氷の魔王をサニアが竜の力で封印していることを知り、クジラのマックに乗って、その星に行く。が、サニアがピエトロを大切に思っていることを利用され、ピエトロを危機に陥れることで、サニアの気をそらし、その合間に四天王が氷の魔王を復活させてしまう!という展開に。

氷の魔王が復活し、サニアの生死はわからないまま。ポポロクロイスは氷に閉ざされた世界に変わってしまい、モンスターの活動も活発に。そこで、ピエトロ一行は、北にできた氷の塔にいると思われる氷の魔王討伐に向かう(かけあしの泉→白い村→氷の塔)。サニアの竜の力を使って完全復活を試みようとしているのを阻止。サニアを助け、ポポロクロイス城に戻ってみたら、サニアの体に氷の魔王の一部が残っていて最終戦。そして、完全に氷の魔王を倒して、サニアも助かったのでありました。めでたしめでたし。

というお話でした。

バトルはけっこう大変でした。相手の残りHPが全くわからないシステムって、今では珍しいですよね。

新しいフィールドに行くと、たいてい全滅させられそうな感じで苦しいバトルをすることになるんですが、その雑魚戦を重ねて、雑魚戦が大変じゃなくなった状態でボス戦に臨めば、(苦労しつつも)ちゃんと勝てる、という感じになっているので、とりあえずレベルさえ上げればクリアできるようになってるんですね。

そうそう、そういえば、ポポロクロイスのシステムの面白いところは「バトル画面」というのがないこと。ほとんどのRPGが、敵とエンカウントすると、異次元?(笑)の「バトル画面」に場面が変わってバトルをするんですが、ポポロクロイスは、迷路なら迷路の中、草原なら草原のところ、その場所でバトルが始まるんですよね。狭い場所でエンカウントしちゃうと、動くこともできなくなったり、逆に細い通路に白騎士が盾になってナルシアやピエトロには物理攻撃が届かないようにできたり、と、1戦1戦の状況が違って面白い。

楽しかったなーということで、早速、ポポロ2のダウンロード版を購入。順番で行くと、ポポローグだし、傭兵たちがたくさん出て来て楽しいし、自分で攻略サイトを作ってあるので楽ちんなんだけど(笑)、ポポローグ始めるとやり込みたくなっちゃいそうなので、「ストーリーを思い出す」という目的としては「ポポロ2」をプレイすべきだよね、ということで。

なので、次回の更新は、ポポロ2をある程度進めたところで、ストーリーのメモを書こうと思ってます。

2018年7月4日水曜日

ポポロクロイス物語I/ナルシアの涙と妖精の笛 その3

●ポポロクロイス物語〜ナルシアの涙と妖精の笛(スマホアプリ)

覚醒(成長要素)やアクセサリづくりのための素材集めとか、船団戦とか、毎日ちまちまとやってます。個別キャラの話が見られるブレイブストーリーを進めるために、今まで使っていなかったキャラをバトルでつかわなくてはならないので、成長させては使って…と、私の好きな「レベル上げ」作業も楽しい(笑)。

鬼面童子のブレイブが全然当たらなくて、ストーリーを見られない〜。カモン・くじ運っ!


●ポポロクロイス物語(1)(PSP)

忙しかったのもあるけれど、ちょっとレベルが足りなくて先に進めないところで躓いてました。

ストーリー的には、ブリオニアでバルの心臓倒して(やっぱり大変だった)、ブリオニア落っこちたけど、闇の世界に行くための本は四天王に取られちゃったし、闇の世界のことを知っているという噂の東の国の仙人に合うために、ガミガミ城にあるマシンを取りに行くも四天王に取られ、仕方ないから水没ブリオニアにあるポッドを使って東の国へ。ラダック仙人にあって剣ノ山から闇の世界へ。でも闇の本を持っていないからと、永久の番人の館で試練を受けることに…。

この、永久の番人の館での試練がえらい大変で…。

ピエトロLv31ぐらいで行ったら、闘技場とマーマンに倒されてしまいました。到底勝てそうにない感じで…。雑魚戦でも全滅の危機になるぐらいの弱さ。あーこれはレベル上げしないと先に進めないや…と放り出してました。


で、やっと7月になって少し暇になったので、館の先に進まずに、小さくなったところの家のあたりで修業をすることしばし。ピエトロがLv33ぐらいになってから進んでみたら、なんとか進めました(闘技場のまがどりには1度負けたけど…だって、ピエトロ1人とナルシア2人って、卑怯だよ、勝てないよ。2度めの挑戦では、白騎士とガミガミ魔王が増殖してくれたので、なんとか勝利)。で、その先のカルラも大変だったけど、なんとか倒せて、クジラのマックにあったところまで。

うーん、此処から先のこと、あんまり思い出せない…。なんだかマックに乗って、行ったり来たりした思い出はあるんだけど、なんだっけー?

ま、そんな具合に楽しんでおります。

2018年6月20日水曜日

ポポロクロイス物語I/ナルシアの涙と妖精の笛

ポポロクロイスのゲーム2つ、同時進行でのんびり進めてます。その進捗メモ。


●ポポロクロイス物語〜ナルシアの涙と妖精の笛(スマホアプリ)

最初に配信された「メインストーリー」「サブストーリー」を終えてから、キャラの強化を楽しんでました。キャラクタの強化には、「レベル」「限界突破」「覚醒」「必殺技のレベル」「ストーリーレベル」といろいろあって、強化するには、アイテムを集めたり、ガチャでキャラクタを引き当てたり、キャラを実際にバトルで使用したり、いろんなことを考えなくてはならない。ストーリーの供給がなくても、しばらくはキャラの強化で楽しめる仕組みづくりがされていて、よくできた仕組みだなぁー、と。

そんなわけで、アイテム集めのクエストをちまちまやったり、「船団」と呼ばれる決まった時間にバトルをするイベントに参加したりしてます。

そして、もう1つ、よく出来てるなぁと思うシステムは、「ブレイブ」と呼ばれるサブストーリー群。登場人物(ガチャで得られるキャラクタ)たちの、それぞれの物語が3章構成で用意されていて、そのキャラを成長させることでプレイできるようになっている。メインストーリーでは語られないキャラクタたちの過去や日常を見ることができる。新キャラたちの話も面白いけれど、馴染みの深いドンやゴンの物語だったり、タモタモさんやザッパの物語だったり、白騎士とレオナの話だったり、今までのポポロクロイス物語では語られなかった一面を掘り下げてくれているんですよね。

6/19からは、「メインストーリー」と「サブストーリー」が新たに配信されて、しばらくはそっちをプレイしつつ、またアイテム集めやら、キャラクタ強化やらを楽しもうと思ってます。

最近は、最初から使っていたキャラクタたちの強化が頭打ちになっているので(後はガチャの運頼み)、ちょっと弱めのキャラの強化やらブレイブをやっているところ。頭打ちになっちゃったお気に入りキャラのクロウくんをあまりバトルにで使わなくなったのがちょっとさみしい。


●ポポロクロイス物語(1)(PSP)

懐かしのポポロクロイス物語1をPSPでやってるのもちょっとずつ進めてます。これは、以前のようなやりこみプレイを目指しているんじゃなくて、ストーリーを思い出す目的でやってます。現在、第2章。

ポポロクロイス→ガミガミ城→ポポロクロイス→ゴドリフ→カナリシア→ゴドリフ→パーセラ→ゴドリフ→新ガミガミ城→パーセラ→幽霊船→流され島→ブリオニア <いまココ

ストーリーはほとんど忘れてしまっているんだけど、実際にプレイすることで少しずつ思い出してきて面白い。幽霊船では、久々に、ゲームしながらマップを書きましたよー。昔プレイしたときに書いたマップ、どこにしまってあるかな。今後、必要かもしれないから探してみよう〜。

そして、バルの心臓!
まだブリオニアに着いたばっかりなので、「バルの心臓」という言葉は出てきてないんですが、思い出しちゃいました…。どんな攻撃をしてくるのかとか細かいことは忘れたけれど、ものすごーーーく苦労したことが脳裏に刻まれてます。やだなー、こわいなー。色んな要素を取りこぼして進んでるから、もしかしたら全滅するかもー。あーやだなー。でも、ここを越えないと先に進まないからがんばりましょうか。


そういえば、ゴドリフ→パーセラのゴンドラで、ウッキィ王国に足を踏み入れちゃいました。レベル低い状態でプレイしてるので、挑戦したものの全滅。これ、必ず起こることじゃないみたいですね。その後何度かゴンドラ使ったけどスルーしてます。レベル上がったらまた挑戦してみるかー(って、結局やりこみ方向に行きそうで怖いw)。

2018年6月8日金曜日

ポポロクロイス物語 on iPhone と ポポロクロイス物語1(配信onPSP)

久々にゲームにはまってます。それも、ポポロクロイス物語に!

いや、全然久々じゃないよ、と思われるかもしれませんが、ピグもツムツムもポケ森も、なんとなくぼーっとずっとできるゲームなので、私の中で「正真正銘のゲーム」の範疇ではない。なので、まぁ、日常的にゲームをしていると言っても、ずーっと時間つぶしをしているという感覚だったんですよね。

それが、久々にRPG的なゲームをやり始めてしまいました。


きっかけは、ツイッターで見かけたスマホ用の「ポポロクロイス物語 〜ナルシアの涙と妖精の笛」というタイトルが配信されているという情報を見かけたこと。もしかしたらすごくつまらないゲームかも…と思いながらも、ちょっと見てみるか…とダウンロードしちゃったんですよね。

そしたら、これが、結構面白い!

スマホ用ゲームにありがちの、ガチャで戦闘キャラを当ててバトルをする、という仕組みではあるけれど、

・ちゃんとストーリーがある
・過去のポポロクロイス物語、ポポローグのキャラが登場する
・キャラクタの成長要素がたくさんある
・無課金でもそこそこ強いキャラをゲットできた
・過去の懐かしキャラの裏ストーリーみたいなショートストーリーが用意されている

と、なかなか楽しいゲームになってます。

ピエトロ、ナルシア、白騎士、ドンとゴンなど、ポポロクロイスの主要メンバーはもちろんのこと、ポポローグの傭兵たちも出てきてくれるのが嬉しい。

懐かしのメルちゃんやロビンやダイソンやレバルドやザッパやタモタモさんが〜!とかキャウキャウ言いながら楽しんでます。

残念なのは、ポポローグの一押しキャラのボリス(CV子安さん)がいないこと(笑)。
それから、あんなに可愛いかったメルちゃんが、頭身上がってちょっと可愛さが減っちゃったこと。声は相変わらず可愛いけど(CVこおろぎさとみさん)。

と、過去のキャラが出てきて嬉しいと言いながらも、いまのところ、推しメンは、新キャラ「クロウ」だったりするんですけどね。自信満々の魔法使い。現在配信されているストーリーをプレイし終わっちゃったので、今は、彼を率先して成長させているところ。

ロビン(CV関俊彦さん)も相変わらず好きだし、メルちゃんも相変わらず好きだし、新キャラ・クロウがお気に入りだし…って、遠距離攻撃キャラばっかり(笑)。

そして、以前のポポロクロイス物語では、ほとんど区別がついていなかったドンとゴン。今回、しっかり違いを強調したキャラ作りになっているので、やっと区別できるようになりました。このゲームでは、ドンが剣使いの堅物(CV杉田智和さん)、ゴンが槍使いのダメンズ系(CV中村悠一さん)。



ーーー

とまぁ、スマホ用ポポロクロイスで楽しんでいたわけですが、ストーリーの中で「氷の魔王」が出てきまして、ん?そういえば、昔のポポロクロイスのストーリーってあんまり覚えてないなぁ…、もう一回プレイしてみられたらいいのに、なんて思ってしまったのがきっかけで、昔のポポロクロイス物語にも興味が及んでしまいました。

・ポポロクロイス物語をプレイしたいなぁ
  ↓
・ソフトは探せばあるかもしれないけど、プレステ売っちゃったしなぁ
  ↓
・あ、PSPで出た簡易版あったっけ。評価低かったけど、あれならできるかも!
  ↓(押入れゴソゴソ)
・PSPは動くけど、ソフトはどうやら売っちゃったみたいだ…
  ↓
・ん?PSP動くなら配信されてるんじゃね?
  ↓
・配信されてた!PSPでダウンロードできた!プレイできる!
  ↓
 いまココ

…というわけで、PSPで、とりあえず最初の「ポポロクロイス物語」をプレイし始めちゃいました。ただいまカナリシア目指してナルシアと冒険中〜。バトルのコツとか、すっかり忘れてて、全滅しっぱなしで笑えました(笑)。この頃のゲームは、かわいい系でもバトルはシビアだったよね。


あー、とりあえず、書きたいこと書きなぐってスッキリした!
というわけで、しばらくはポポロクロイス物語の世界に潜ってきま〜す。

2018年4月2日月曜日

2018.03 終わったアニメドラマ感想&アニメ感想

三ヶ月に一度のアニメ視聴記録。
評価、感想はとっても個人的なものです(◎◯△×の4段階評価)。ご了承のほど。

今期もあんまり見ませんでしたね。前の期より少ない…。おまけに、なんだかレコーダーやTVの電源を入れるのが面倒くさいと感じるようになっていて、アマゾンプライムで見られるものは、iPhoneで見たりしてました。TV離れしてる。録画してちゃんと見てるのは、「題名のない音楽会」と「囲碁フォーカス」と「NHK杯テレビ囲碁トーナメント」だけかも。いや、囲碁もよく分かってないんだけど(笑)。

まずは一覧。感想は後ほど。


■終わったアニメ・ドラマ
(アニメ)
◎宇宙よりも遠い場所
◯ヴァイオレット・エヴァーガーデン
△恋は雨上がりのように

(ドラマ)
◯刑事モース

■継続中
◯名探偵コナン


■見なくなったもの
・弱虫ペダル
・ハクメイとミコチ
・りゅうおうのおしごと


==
(感想コーナー)
はい、ここから感想をちょっとだけ書くコーナー。私個人の感想だからね。レビューとかじゃないよ。


■終わったアニメドラマ感想

(アニメ)
◎宇宙よりも遠い場所
録画予約してませんでしたが、アマゾンプライムで見かけてチェック。今期いちばんの面白さでした。目標が持てない女子高校生が、ふとしたことから民間南極観測隊員として南極に行くことになるお話。女子高校生たちの心模様の描き方も良かった。そして、女子数名の群像物語というだけではなく、南極観測という、知らない世界を見られたのが面白かった。

◯ヴァイオレット・エヴァーガーデン
戦場で戦うことしか知らない少女が主人公。1話目を見はじめて、あらら、また、少女+戦闘(武器)、設定ですか、血なまぐさいのは嫌だなぁ、と思ったんですが、話のメインはそこじゃなかった。感情を持たない戦闘人形として育てられてしまった少女が、戦争が終わり、ただ一人信頼していた上司を失い(亡くなったことは少女には伝えられていないのだが)、「手紙を代筆する」という仕事につくことになって、人間の感情を習得してゆくという物語。

△恋は雨上がりのように
怪我で陸上部をやめざるを得なくなった女子高生が、40代離婚経験ありの冴えないおっさんであるファミレスの店長に恋をしてしまう、というお話。なんか設定がちょっとキモいかも…、と思ったんですが、さえないおっさんの声が平田さんでして、冴えないおっさんっぷりがタマラナイ!(笑)ということで、結局最後まで見てしまいました(笑)。女子高校生の恋に恋するキラキラ恋愛の対象にされちゃたオッサン、どうなることやら…、変な展開にならないといいなと思っていたんですが、主眼は「恋」ではなく、くすぶっている夢(少女は陸上、店長は小説の執筆)に気づくまでの自己啓発の方だったみたいで、ソフトランディングで良かったよかった。ちょこっとレビューなどを見てみたら、原作マンガの方では、そのへんの心理描写がもっとしっかりと描かれているようですね。絵があんまり好きじゃないので原作は読まないけど、うん、原作のほうが良さそうですね。

(ドラマ)
◯刑事モース
NHKで放送し始めたイギリス刑事物。舞台は1960年代、イギリス・オックスフォード。ちょっと前に見ていた刑事フォイルが面白かったので、イギリスのちょっと古めの刑事物ってことで見始めてみました。うんうん、これも面白い。どうやら、イギリスでは有名な刑事ドラマシリーズ「主任刑事モース」(主人公はおっさん)があるらしく、そのモースの若い頃の物語、という設定らしい。主人公の若いモースは、頭が切れるけど、ちょっと暗めの役。おじさんになったモースさんがどんな人物像なのか気になり始めてます。


==
次期の新アニメも、かなり数を削る予定。とはいえ、どれが面白いかわからないので、最初はざっと録画してみるか。何が残るかな。っていうのか、削るために見るのすら、時間取れるかなぁ。結局、アマゾンプライムで見られるものだけ見る、みたいなことになるかも、ね。

重神機パンドーラ/銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅/多田くんは恋をしない/されど罪人は竜と踊る/信長の忍び〜姉川・石山篇〜 (第3期)/PERSONA5 the Animation/LOST SONG/ピアノの森/ゴールデンカムイ/STEINS;GATE 0 -シュタインズ・ゲート ゼロ-/ヲタクに恋は難しい/フルメタル・パニック!IV Invisible Victory

絶対にこんなに見られない!(笑)
銀英は真剣に見ないと登場人物がわからなくなるからついていけるかどうか不安だな。信長の忍びは楽しみ。ペルソナはなぁ、最近ゲームしてないからなぁ。シュタインズ・ゲートもちゃんと見てないとわからなくなりそうだな。ゴールデンカムイは、漫画で読んでないのでアニメでおさらいしちゃおう(でもグロかったら途中で辞めるかも)。フルメタル・パニック、懐かしい〜けど、えっと、設定覚えてるかなぁ…。でも、まぁ、智一さんの宗介の演技が聞けるだけで幸せだからいいか。